スポンサードリンク

ノートパソコンのキーボード キーボード修理、まずは掃除から

ノートパソコンを使っているとキーボードの修理が必要な不具合が発生する事が多々あります。
デスクトップ型ならばキーボードそのものを交換してしまえばよいのですが、ノートパソコンのキーボードはすぐに交換と言うわけにもいきません。
外付けキーボードを接続している人もいるようですが、
ノートパソコン用のキーボードでもやはり少々場所をとり邪魔になります。


キーボードの故障というと打てない、動かない、キーが飛んだ等になるでしょう。
打てないとか動かないというのはゴミのせい、というパターンが多いように思えます。
ちゃんとキーボードも掃除してますか?
あまり掃除してないなあと言う方は、まずノートパソコンをひっくり返してみてください。ちょっとビックリする位ゴミが降って来ますよ。
その後刷毛のようなものでやさしくキーの間を掃除してあげてください。
それでキーが動くようになるかもしれません、ならないにしても掃除も出来て気分もスッキリしますよ。

ノートパソコンのキーボード キーボード修理、キーが飛んだ!

ノートパソコンのキーボードのキーって取れる事結構多いですねえ。

普通にタイピングしているだけなのにキーの部分が外れる事があります。
キーが外れると言うこと自体デスクトップ使っている人にはありえ無いことですが、これは構造上仕方が無いです。ノートパソコンのキーボードはその多くがパンタグラフ方式というものになってます。

そう、電車のパンタグラフです。取れてしまったキーの裏側を見ると分かるかもしれませんがコの字型の二つのパーツが組合わさるようになっているのが分かると思います。その組み合わさったパーツが展開するさまがまさにパンタグラフなんです。
このパンタグラフから出ているわずかな突起がパネル側の部品にはまって取り付いています。

さて、ではキーが飛んで外れたらこれをまたはめて上げれば良いのですが、前述の突起部分を見てください。無事ですか?この突起が折れてしまったりしたら、アウトです。 キーだけの入手はなかなか困難なようですね。

同系のノートパソコンのキーボードから取ってくるという手もあるかもしれませんが、そんなことをするぐらいならキーボードごと交換してしまった方が手っ取り早いかもしれません。

ノートパソコンのキーボード キーボード修理、キーボード交換

さて、ではこのノートパソコンのキーボード修理というか交換ですが、

保障期間ならメーカーにキーボード交換を頼めばいいわけですが、では保障期間が切れていたら?

これに関してはノートパソコン修理業者に頼むぐらいならご自分で修理する方が良いかも知れません。

と言うのも、ノートパソコンのキーボードは取り外しやすくなっています。

以前は裏側からねじを何本も外して表側のカバーを外して〜と大変でしたが、

最近のノートパソコンのキーボードは非常に分解しやすくなってます。

表側のカバーを外して、2〜3本のねじを外せば後はケーブルを外すだけで、キーボードも取り外しできてしまいます。

交換用のキーボードはメーカーで取り寄せることができる場合もありますし、最近はオークションで新品、中古共に出品されています。

ですから、交換用キーボードを入手できるのなら、ご自分で修理してみても良いかも知れませんよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。